カレンダー
2017年8月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ステッカーとの違い

普段の生活の中には、非常にたくさんの種類のラベルが存在します。
商品名や商品の内容物を表示する商品ラベル、名刺やパンフレットとして使われる法人用のラベル、自宅で簡単に作れる個人用のラベルなど。
よく見てみると、私の生活にはラベル印刷で作られた製品がたくさん溢れています。
普段からよく使っているラベルですが、本当はあまり知られていないことも多いのです。

「ラベル」とは、「シール」の一種です。
よくラベルとシールを別のものとして考えている人がいますが、シールを大きく分類したもののうちの一つがラベルなのです。
ラベルとよく似たものに「ステッカー」があります。スッテカーは実はラベルとはまた別物なんです。
ラベルは一般的に、屋内用に使用されることが多いですが、ステッカーは屋外で使用されることが多いです。そのためインクの耐久性もラベル印刷よりステッカーのほうが強いと言われています。
もちろん、使用場所や用途によって耐久期間は変わりますが、屋外用に作られたステッカーは比較的長持ちです。

ラベルとステッカー、言われてみれば何が違うのか知らなかった人も多いのではないでしょうか。
私はずっと同じものとして認識していたので、ラベルとステッカーが別ものとして分類されていることにちょっと驚きました。
これからは屋内・屋外いずれの環境で使用するのかによって使い分けることにします。